忍者ブログ
++Diary++
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sk_01.jpg●ステキな金縛り

我が家の関西人が数本レンタルして来たので、ついでに鑑賞。
三谷監督モノは結構好きなんですが、更に西田敏行さん出演との事でちょっとワクワク♪

落ち武者の幽霊を証人に立たせるというムチャなストーリーで、かなり笑えました(^皿^)
西田敏行さん、やっぱ好きだわ~~
凄く豪華な出演陣なのに、主役級の俳優さんがチョイ役で出ててびっくり。


心霊写真に写るのはポイント制など設定の端々にジョークが効いていて、
主役からチョイ役まで個性的w

sk_03.jpgsk_06.jpg

普段日本映画はあまり見ない私も、これはホンワカ見れました。
証人似顔絵が何ともステキでござりましたw
ドタバタ過ぎない笑いがオススメです(^^)

dictator_01.jpg●ディクテーター

アメリカらしいコメディ映画。
独裁政権の国の将軍が国連サミットにNYに訪れ拉致されて、思想の真逆な女性と恋に落ち~。。。という良くあるストーリー。

基本的に向こうのコメディは下ネタ系多くて、多過ぎると寒いw

将軍の独裁っぷりが結構笑えますが、ここまで風刺しちゃって良いのかと
心配になる位ネタにしちゃってます。

と思ったら、世界10カ国以上で上映禁止になったとか。ですよねー
最後に特に感動する事もなく、ムチャ笑う事もなくでしたが、不思議と印象に残る
映画でした。見終わった後のニンマリ感も○

monsterhotel_01.jpg●モンスターズ・ホテル
(HOTEL TRANSYLVANIA)

海外アニメの定番とも言える、親子の絆・・・保守的な親と冒険に出たがる子供の物語のモンスターバージョン。



定番とは言え、ドラキュラパパの親バカっぷりや、娘メルヴィスの可愛らしさ、
メルヴィスに一目惚れしちゃう人間の旅行者ジョニーとホテルに集まる狼男や
透明人間・ミイラ男、料理長とのバトルなど、楽しめる映画です(^^)

厳格なパパが娘に近付くジョニーに反感を持ちつつ、一緒に遊んじゃうシーンとか
ついつい笑いが出る反面、パパの親バカっぷりや人間を恐れるモンスターにホロッと
されられちゃったり。
誰と見ても楽しめる映画です♪

killingshot.jpg●キリング・ショット

ブルース・ウィリスなのでちょっと楽しみにしていたんですが・・・
全員クセ者、三つ巴・四つ巴の心理戦が、タランティーノ作品を彷彿とさせる、などという前評判は私には良く分からなかった(^ω^;)

時系列を前後させてタランティーノっぽく仕上がってはいると思います。多分。
が、却ってテンポが悪く、意味不な雰囲気になってる気がしないでもない。


舞台も同じ所をグルグルって感じで変化が少なく、その割りには会話に面白さもなく・・・
伏線張ってるって程でもないし、単に世間話?

ウィテカーさんの演技はさすがだ~、と思いながらも、見終わった後の感想は
『だからどうした』。

何度も見れば色々と意味深な箇所が、というレビューもありますが、何度も
見る気力は持てない。つか、飽きる・・・
マリン・アッカーマンはとってもキレイでした(^^*)

こういうの、好きな人は好きなんだろうなぁ。私的には☆1つ。


ここ数週間でポチポチ見ていたDVD。他、『本当にあった~』シリーズは久しぶりに
ちょこっと見てみたものの。。。普通に作り物のホラー映画の方がそれっぽいw
既にお笑いに走ってるのでは?と思える程、ワザとらしい。ワザとらし過ぎる(ーー;)
こういうのって、あまりふざけて作るモノじゃないと思うんだけどなぁ。
PR
hunger_game.jpg『ハンガー・ゲーム』

仕事が詰まっていたのでレンタル返却期限ギリギリの滑り込み鑑賞。

年に1度、隷属している12地区からくじ引きで各地区2名を選出して、殺し合いをさせて勝者1名に多額の賞金。

叛乱に対する制裁的なゲームで国民は生中継の鑑賞の義務がある。

抽選で選ばれた妹の身代わりに立候補した女性が生き残るまでの
ストーリーって感じですが。。。なんかバトルロワイアルw
原作の出版はバトルロワイアルの方が先なので、あきらかなパクリに感じてしまう。

映画自体はそこそこ面白くはあったけど、タイトルの『HUNGER』の飢え描写も少なく、
葛藤も緊迫感も少なく、最終的に残った恋人同士が自害しそうになった為
生き残り2名にルール変更と言う、何とも都合の良い感じが。
いや、生き残りが増えて良かったんですが、アッサリだったので感動が(^ω^;)

それとも年を取って私の感覚がニブチンになったのかw

 
breav_01.jpgbreav_04.jpg
 
『メリダとおそろしの森』

映画評見るとイマイチな様でしたが、Pixerなので借りてしまった。

弓の得意な元気いっぱいな型破りな姫が、親の決めた結婚相手を選ぶ儀式に
反発して偶然魔女に会い、魔法で親をクマに変えてしまい。。。最終的に
家族愛を描いたストーリーという感じでした。

こちらもそこそこ面白かったんですが、評判通り人物描写も設定も中途半端で
主人公が単にワガママを押し付ける姫に見えてしまった(^ω^;)
間違えてクマにしちゃった母親を元に戻そうとアタフタしているのも、母親の為というより
失敗しちゃったアタフタ、って感じで。

breav_02.jpg戦闘シーンも殆ど得意な弓が生かされてなくて残念。
私の勘違いかもですが、冒頭でネイティブアメリカンっぽい雰囲気を出していたのにケルトが舞台だった様で。

風景は森が舞台なのでちょっと暗目でしたがキレイ(^^)

下手な映画観るよりは全然良いw

最近3D流行りだから仕方ないとは言え、無理に3D意識して作らなくても~。

同じくイマイチ評な『Mr.インクレディブル』や『カールじいさんの空飛ぶ家』は
個人的に好きです。こちらは思わず笑いが出てしまったアニメでした(^皿^)
でも不評だったので続編出ず~


仕事が一息付いたので、暇見て各HPのリニューアルを。。。出来たら良いなぁ。
久しぶりにDVD三昧。

endhiran_04.jpg●ィエンディラン(ロボット)
映画のキャッチにこういうのもどうかと思うんですが・・・見終わった後にホントそう思ったw

私的にムッチャお待ちかね!なラジニ・カーントの新作です。
と言っても、新作情報を知ったのは2010年。
DVD化しないかなぁぁぁぁぁとずっと待っていました~♪

今までのオッサンの映画にしては短めの136分。
CMで『ラスト40分のアクションが見もの』と書いてあった通り、長い長いw
大抵ラスト10分とか、そんなモノかと思うんですが、オッサンだから何でもオケ(^^*)

CG一切使わず、アクション全てそのまま撮影という、古き良きインド映画に比べて、物凄い進化。
CG多様=アクションも派手に。

更に、マトリックスやトランスフォーマー、AI他そっち系のヒット作を
パクッた感たっぷり。
なのに全然嫌味じゃない、どころか、それもアリと思わせる所がオッサン映画の
素晴らしい所。
パクッたというよりもオイシイものは全て取り入れる!って感じでしたw

endhiran_01.jpgオッサンオッサン書いてますが、ラジニ氏は誕生日に町を上げてお祝いされたりする程のスーパースターにも関わらず、とても謙虚で思いやりのある、人間的にも素晴らしい方です(^^)

既に還暦を迎えているのに、映画の若々しさ・・・さすがに若い頃に比べれば派手さは無くなったものの、ダンスの切れもアクションも健在。

ストーリーは人工知能搭載のロボットが感情を持ち、悪人にチップを入れられ町を破壊→チップを取り除き一件落着という、ありがちなモノなんですが。

まず、ロボットへのプログラミングに『ダンス』が入っている所から既に大笑い。
ともかくハチャメチャ、有り得ない、無理があるだろ~な所があり過ぎて大笑い。
なのに、見入ってしまう不思議さ。オッサン素敵だわ~www

endhiran_03.jpgendhiran_02.jpg












●Dark Shadow
ジョニー・デップの吸血鬼映画も借りてみました。

darkshadow_05.jpg基本的に吸血鬼物は取り敢えず何でも見る仕様なので、こちらも楽しみに(^^)

ジョニー・デップなので、どんな感じかなー♪と思いつつ・・・やっぱりちょっと変わった吸血鬼。
コメディという程おちゃらけてなく、ホラーの要素は殆どなく、どちらかと言うと恋愛モノ?一応ダークファンタジーって書いてありましたが~w

あっさり大量殺人してる割に明るいというのか何と言うのか(^ω^;)

ただ、やっぱりジョニー・デップは独特ですねー。

darkshadow_01.jpg出演作色々と観ても同一人物と思えない位、多彩なキャラを演じられる俳優さん。
ちょっと頭のイカレタ系の役が一番見応えある気がしますがw

魔女役のエヴァ・グリーンも凄くキレイ♪
棺に入れて埋める時に真っ赤なパンティ被せたりと、お茶目な要素のある妖艶な魔女さんでした。

吸血鬼の歯磨きシーンが結構印象に残りましたw


●貞子3D
sadako3.jpg『リング』は1、2共とっても怖かった(:ω;)

なので、あまり観たくなかったんですが、我が家の関西人はホラー・オカルト系大好き。借りて来たので仕方なく(-ω-;)

日本のホラーって精神的にムッチャ来る・・・ハズ?あれ?

見終わった後、正直、『久しぶりにツマラナイ映画』と思った・・・。

怖くなかったからいっかぁ。
ではなく。

3Dだから単にびっくりさせようとしてるだけ?な雑なストーリー。
絵的にも怖がりな私が、全然、全く、これっぽっちも目を塞ぐ箇所がなく。
これ観る位ならン十年前の『四谷怪談』観た方がよっぽど怖いです。

『リング』はストーリー性も恐怖要素もしっかりしてた上、貞子という
強烈なキャラクターいたのに・・・勿体無いなぁ。残念。

口直しに、他の映画見なければ(-ω-;)
 
rapunzel_02.jpg先月・今月と合間を縫ってDVD三昧。
立て続けにかなり観ました。観ました

『塔の上のラプンツェル』

ともかく、Pixer系アニメは大好き
軽く一通り見ています。

原作を読んだ事あるので、こちらのラプンツェルもちょっと楽しみでした(^^)


rapunzel_10_1.jpgかなり変更されているものの、これはこれで面白い。特にこの馬がいい味出していました。
こういう味付けが私にはツボだったりwww

平均して馬系は面白オカシク描かれている事が多くて、向こうの方の感覚が面白いです
ラプンツェルもとっても美人で見ていて飽きない。

ヒーロー役の顔が高校時代の部活のコーチに良く似ていて妙な感じがしましたが(笑)

お気に入りの1本になりました。


rapunzel_08.jpgrapunzel_06.jpg











2本目『ティンカー・ベル』

tinkerbell_01.jpg何となく『BOLT』の絵に似ていたので思わず借りてしまった・・・けど、いかにもディズニー。
というか、子供向け全開w

子供と一緒に観るのには良い感じかなぁ。
大人一人で観るには・・・ちょっとアレかなぁ。
可愛過ぎて私には~似合わない。
あまりにも~。

もう子供の純粋な気持ちがないんですね、私。と思いながら観ましたともw


nalnia_01.jpg3本目『ナルニア国物語』第3章・・・だったかと(^ω^;)
1作目観た時は結構面白く感じた気が。。。

出て来るライオンも可愛いし♪
ストーリーも飽きの来ない、素晴らしい作品だと思います(^^)

nalnia_03.jpg王様もとってもイケメン♪

日本人が着物が似合う様に、向こうの人ってこういう騎士風な衣装がとってもお似合い。




ただ、どうやら最近正統派ファンタジーというモノに抵抗を感じるお年頃な模様。
素直に感動出来ないのは、やっぱピュアな気持ちが。。。笑

4本目は『TOURIST』。ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーのアクション物。

tourist_01.jpgアンジェリーナ・ジョリーって『チャンプ』のジョン・ボイトのお嬢さんなんですよね、そう言えば。

もうとっても豪勢な絵に描いた様な美人さん。
『トゥーム・レイダー』のララちゃんの時も思いましたが、アメリカの代表的な美人って感じでホレボレ~

tourist_02.jpg綺麗過ぎてそれだけで見ていて楽しい(^^*)

もしかしたら、いや、でも、やっぱりそうかも、いや、違うかな、と裏の裏の裏をかかれた様な作品で最後はスカッとな。

ジョニー・デップもホント多彩な役をこなされる役者さんですねー。『クロウ』が結構好きだったり。


5本目『Black Swan』。
物凄く評判の良い映画だったので気になってました。

blackSwan_008.jpgバレエ観るのも好きなので楽しみ~♪
にしていたんですが、始まりからフランス映画の様な雰囲気で・・・何となく陰鬱な暗~い感じ。
でもムッチャ綺麗

全体的に病的な雰囲気の中、幻影がホラーチックで気味悪さが主人公の気持ちを表現している様で、ジメジメ感が。

山があるかな、あるかな、と思いつつ最後まで暗い。
なのにラスト10分位?の所でドーンと来ました。
これってプログレの曲に似ているかも(笑)

決して面白かったという感じじゃないのに、全体的な暗さと最後の華やかさの差というのかな。
ともかく観終わった後、妙に印象に残る作品。
個人的に好きです、こういうの(^^)

blackSwan_010.jpgblackSwan_003.jpg









ビューティホー
綺麗なだけじゃなくホント凄い役者さんです。
バレリーナそのもの。
また観たいと思ってしまう。


6本目『Night & Day』。トム・クルーズとキャメロン・ディアスのアクション映画。

night_and_day_03.jpgトム・クルーズは『トップ・ガン』ではなく『インタビュー・ウィズ・ザ・ヴァンパイア』からのファンです。

平均して人気俳優さんってあまり興味なかったりする方なんですが、トム・クルーズはハマりました(笑)
主人公以外無理でしょう、な存在感っていうのかな。
メインで写っていない時の動作すら、小さく写っているのに自然と目が追ってしまう。

CIAの諜報員役がまたまたお似合い。
何故かトムが出てくると「もう大丈夫」な安心感が。ヒーローのヒーローたる所以。

こちらが惚れ込んだ『インタビュー~』▼

iwv_049.jpgiwv_004.jpg













当時、いつも口が半開きでアホっぽいとか色々と言われたりもしましたが、
イカレタ感がとっても素敵 主人公のレスタトはそういう吸血鬼なんですw

7本目『特攻野郎Aチーム』。

a_team.jpg小さい頃TVドラマ版の再放送を良く見ていたので、今回のリメイク版も楽しみにしていたり(^^)

昔のAチームのサイト▼
『特攻野郎Aチーム』

これはこれで面白かったです。
基本的にAチーム好きなんですねー。


やっぱり昔のイメージが強いからアレかなぁ、と思いつつ観ましたが、
良くこれだけ似た雰囲気の役者さんを揃えたなと(^^)
マードックだけはマトモ過ぎちゃった・・・のは仕方ないかと。
雰囲気を壊さない様、でも個性も出してという感じが見えて好印象。
続編あったらきっと観てしまうであろうかと~♪

8本目『借り暮らしのアリエッティ』。定番のジブリです。

arietti_02.jpgCMでセシル・コルベルの曲が流れる度に気になっていた作品(^皿^)

こういうケルティックな曲に弱いんです。
ヨイクとかも大好き♪
原作がアイルランドの方の作品なのかな。

平均して宮崎作品は壮大なテーマが多いと思うんですが、こちらは身近な、ポニョに近い雰囲気。

もっと山あり谷ありかと思ったら意外とアッサリ終ってしまった


arietti_03.jpgarietti_04.jpg







お手伝いさんのハルさん役が樹木希林さんというのも素敵でした。

あと4本程借りて来ていたんですが、私の苦手なホラー系
トム・クルーズを出てくると安心なヒーロー、と書きましたが、昔々・・・
ドラゴンボールが全盛期の頃に『チャイルド・プレイ』1~3を観た時。
今なら結構笑える要素盛り沢山と思うんですが、当時はホンっトにホラーダメで(^ω^;)

なのに我が家の関西人はじめ周りの友人がホラー好きで良く一緒に観ていました。
立て続けに観ていたせいか、チャッキーに追いかけられる夢を見たんですねー。
影響されやすいタイプですwww

その時に助けに来てくれたヒーローが悟空だったと云う・・・
そんなにハマってドラゴンボール読んでなかったんだけどなぁ。
自分でも意外な展開に夢の中でびっくりでした。

 
mg_06.jpg珍しく邦画見ました。

『漫才ギャング』

面白いからとオススメされた作品です(^^)
元々TVをあまり見ない私は、途中まで誰だか分からなかった方もいっぱい(笑)

ケンカのシーンの迫力やアクション、カッコイイですねー上地さん♪
バラエティ番組で見てるイメージと全然違う。さすが役者さん。



mg_02.jpg主役は『ルーキーズ』の先生、というのも途中で気付き・・・
漫才シーンも台本あるとは云え、さすが役者さん。まんま漫才師。
2人のやり取りとテンポがとても楽しかったです。

お笑い芸人の方も沢山出演されてましたが、演技が自然で役にハマっていて、最近の若手俳優さんよりも良いかもと思ってしまった
(^皿^)


mg_07.jpg何よりも、ロバートの秋山さん。

こういう芸風のコントもやっているのかもしれないですが、いじめられっこで逆上すると何やるか分からないガンダムオタクなキャラが最高に笑えました

上手過ぎる(笑)
芸人の方って凄いですねー☆
実際こういう人いたら怖いwww



バイオレンス・友情・恋愛と人間模様がバランス良く配置されていて、配役が素晴らしい・・・
邦画も面白いですね~♪

個人的に最初に声だけ最後にちょこっと出てきたチームのリーダーが好きな
キャラでしたw
ああいう危ない系のキャラってやたらと好きだったり(^^*)


gulliver_02.jpg2本目。CMで見て、何となく見てみたいなと思っていたのがこちら。

『ガリバー旅行記』

こちらも楽しい作品でした(^^)
面白い映画でもイントロ部分はテンポが悪かったり、イマイチ飽きちゃったりしますが、最初からサクサク見れちゃう。

gulliver_03.jpg大体のストーリー展開は当然読めちゃうんですが、それも含めて楽しい作品でした。

こういうライトな感じの映画も疲れず見れちゃうので好き♪





yamato_02.jpg3本目は『Space Battleship ヤマト』

邦画2本は私にしては珍しい・・・
自分で借りに行ってないからですねーw

前評判がイマイチだったので期待しないで見たのもあるのかな。
結構面白く見れました(^^)

ヤマト世代ではあるんですが、元アニメは大体のストーリーしか分からない

古代進はもっと生真面目だった様な・・・ユキはおしとやかな大和撫子だった様な・・・デスラーって青い人だっけ?抽象的過ぎな気が・・・全体的にノリが軽過ぎでは・・・

と、違和感はあったものの、それでも原作とイメージ違い過ぎな作品が多い中
コレはコレで楽しめました☆
特に山崎努さん・西田敏行さんはやっぱり凄いなぁと(^^*)

私が見た中の実写版であまりにも・・・だったのは『花田少年史』と『おせん』でした
原作好きだったので余計に(^ω^;)

6本程レンタルの内、他は怖いヤツばかり(-ω-;)
我が家の関西人が借りるとホントに~
ホラーは小説以外苦手なんですってば・・・怖いモノ見たさで時々一緒に
見ちゃったりするんですが、出来るなら見ないに越した事ないですねぃ。


仕事の合間に3本。ここの所レンタルに行ってなかったのでちょっとリフレッシュ。
最近マイナスイオンが浴びたくて仕方ないので、来月休みの日にリハの合間を縫って
某友人と遊びに行ってきましょうかねー♪
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
Yukali+YOU+
HP:
性別:
女性
自己紹介:
++Bass弾き++

【参加BAND】
Red-rum
Elastic Tone-HEEP組-
NYAW NYAW

【主宰Event】
《いつ誰》
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]